株式会社カルテック
(株)カルテックが提供する、カルシウム施肥による安定・高品質農業:『カルテック栽培』の情報サイトです。
会社概要 | お問合せ
 
Contents
トップページ
 
カルテックの作物栽培
・カルテック栽培とは?
・作物栽培の要点
・pHとECを測りましょう
 
カルテックの資材
 
米作りについて
 
畑作について
 
よくある質問
 
カルテック栽培の実例

お米の「おいしさ」

『カルテック栽培』は美味しい米を作る方法として拡がってきました。米の品質と美味しさについて、簡単にまとめてみます。

  • 外観がキレイ。(等級がそろう)

    クズ米が少ないのが『カルテック栽培』の特長です。

  • 食味計で調べた場合の好評価。

    測定項目のうち、特に蛋白質(チッソ)とアミロースに注目してください。
    『カルテック栽培』がきちんとできていれば、どちらも低めにおさまっています。これは米のふっくらとした炊きあがりや粘りを示しています。

  • 「冷えた米が美味しい」

    米は炊きたてではなく、さましてから食べ比べるべきです。
    『カルテック米』は冷えた時の美味しさが際立っています。
    これはデンプンが劣化(β化)しにくいためです。

  • 「噛んでいると、ほのかに旨味がある」

    米は無味ですが、噛んでいると、わずかな旨味が湧いて来て、「おかずが要らない」と言われます。
    これは旨味層が米の内部に網目状に入っているからです。
    カルテック米を食べ続けている人は、この特長を感じています。

  • 「古米が旨い」

    保存中の劣化が極めて少ない。(脂肪酸が増えない)
    そのため、秋に新米と古米とを食べ比べても、むしろ1年前の米のほうが美味しいという声が多いのです。