株式会社カルテック
(株)カルテックが提供する、カルシウム施肥による安定・高品質農業:『カルテック栽培』の情報サイトです。
会社概要 | お問合せ
 
Contents
トップページ
 
カルテックの作物栽培
・カルテック栽培とは?
・作物栽培の要点
・pHとECを測りましょう
 
カルテックの資材
 
米作りについて
 
畑作について
 
よくある質問
 
カルテック栽培の実例

稲作りに欠かせない地力作り

健全な稲を育成させるのに必要なのが、地力です。地力とは、その土地にいかに有機エネルギーを循環させる力があるかということで、農作物を育てられる生産力をさします。
同じ期間栽培するなら、もちろん地力の高い土地の方が品質もよく多くの収穫が見込めます。こちらでは、稲作作りに欠かせない地力作りについて紹介します。

■地力作りをするとどうなるのか?

地力作りをすると、作物や微生物の養分が増えるので良い微生物が増えます。良い微生物が増えると土壌微生物が活発になり、栄養調整・根の保護・病害の抑制・保水力が上がります。つまり、同じ施肥をしても地力が高い土地の方が、肥料の効果を発揮出来るというわけです。

■地力作りを行う時期は?

地力作りを行うと1年目から根はよく張りますが、1年で本当の地力が出来上がるわけではありません。長く継続するほど蓄積され、作物を収穫するたびに続けて行わなければいけない作業です。その為、出来るだけ早い時期から始める必要があります。秋に稲を収穫した後なら、年内には行う方が良いでしょう。

■地力作りの方法とは?

ポピュラーな地力作りの方法として、稲ワラを鋤き込む方法があります。同様に、レンゲや麦ワラを鋤き込む方法もあります。他にも、米ヌカや牛フン・鶏フンを投入するのもおすすめです。
ただし、窒素とのバランスを考えて入れましょう。しっかり分解されなかったり、窒素飢餓を引き起こすので注意が必要です。

地力作りに役立つ資材をお探しなら、カルテックをご利用ください。カルテックでは、稲作だけでなくトマトなど野菜作りにも使用出来る「ラクト・バチルス」の販売を行っております。
堆肥作りやボカシ肥作り、野菜の育苗倍土としても使用出来る安全な資材です。他にも、植物の栄養バランス調整に役立つ「カルテック畑のカルシウム」もおすすめです。カルシウムやミネラル補給にお役立ていただけます。「ラクト・バチルス」や「カルテック畑のカルシウム」のお買い求めなら、カルテックへ!