株式会社カルテック
(株)カルテックが提供する、カルシウム施肥による安定・高品質農業:『カルテック栽培』の情報サイトです。
会社概要 | お問合せ
 
Contents
トップページ
 
カルテックの作物栽培
・カルテック栽培とは?
・作物栽培の要点
・pHとECを測りましょう
 
カルテックの資材
 
米作りについて
 
畑作について
 
よくある質問
 
カルテック栽培の実例

作物の成長に必要な三大栄養素

立派な野菜やおを育てるためにはしっかりと栄養を与えることが大切です。作物の肥料として必要な栄養素は、窒素・リン酸・カリ・カルシウム・マグネシウム・イオウの6つがあり、中でも窒素・リン酸・カリは肥料の三大栄養素と呼ばれ成分表示でも主体となっています。こちらでは、作物の成長に必要な三大栄養素について紹介しています。

■リン酸

リン酸は、花の開花や実の結実を良くするために必要な成分です。しかし、リン酸は水に溶けにくく根が吸収しにくいという性質があります。溶けにくいので過剰に投与しがちですが、栄養のバランスが崩れると作物の連作障害や病気が発生する原因となるので、注意して使用することが大切です。
販売されている化学肥料のリン酸は、「水溶性リン酸」と「ク溶性リン酸」の2種類があり、水溶性リン酸は水に溶けやすいリン酸成分です。ク溶性リン酸は、水に溶けにくいので長く土に残り、健全な根だけが吸収出来ます。同じリン酸でも、働き方が異なるので目的に合わせて使い分けましょう。

■カリ

カリは芋や果実の肥大とデンプンの転流に必要な成分です。根の成長を促すことから根肥とも呼ばれています。水に溶けやすい性質で、元肥・追肥ともに効果が十分期待出来ます。しかし水に溶けやすい反面、流亡しやすいので、カリ過剰で土壌のアルカリ化などの弊害を発生させる可能性もあります。注意して施用しましょう。追肥する場合、果実の場合は結実したときに、芋の場合は肥大期に施用するとカリの働きが活かせます。

■窒素

窒素は茎や葉が成長するために必要な成分であり、葉の色を濃くする役割を持っていることから葉肥とも呼ばれています。また、作物の体内でアミノ酸やタンパク質を合成する働きも持っており、作物全体の成長にも関与しています。他の成分と比べても多く必要な成分ですが、やりすぎてしまうと苦味が増えたり軟弱になるなどの問題が発生するので注意しましょう。

窒素と同様に多く必要な成分としてカルシウムがあります。これから農業を始めたいとお考えでしたら、カルテックのカルシウム肥料をご活用ください。
カルシウム肥料は有機野菜の栽培にはもちろん稲作りにもおすすめであり、野菜やお米が育ちやすい土壌を作ることが出来ます。またカルシウム肥料以外にも根を強くする凝縮酵素液や三大栄養素の補給に役立つアミノ酸液などもございますので、興味をお持ちの方はぜひホームページをご覧ください。