株式会社カルテック
(株)カルテックが提供する、カルシウム施肥による安定・高品質農業:『カルテック栽培』の情報サイトです。
会社概要 | お問合せ
 
Contents
トップページ
 
カルテックの作物栽培
・カルテック栽培とは?
・作物栽培の要点
・pHとECを測りましょう
 
カルテックの資材
 
米作りについて
 
畑作について
 
よくある質問
 
カルテック栽培の実例

野菜を栽培する際に知っておきたい連作

栄養豊かで立派な野菜を収穫することが出来ると次も同じ野菜を栽培しようと考えるかと思いますが、栽培方法は同じなのに生育が悪いと感じることがあります。1つの畑に同じ作物を作り続けることは、本来作柄が安定し品質や収量の向上が期待出来るものです。
しかし、生育が悪いと感じる場合は連作障害が原因となっている可能性があります。連作について理解していれば、連作障害を避けることが出来ます。

■連作と連作障害

同じ場所に同じ野菜を栽培することを連作と呼び、連作障害が発生すると野菜が育ちにくくなったり病気にかかったりする場合があります。
連作障害は同じ野菜を栽培した時に発生するだけでなく、ピーマンやトマトなど同じ科の野菜を栽培した時にも発生することがあります。

■連作障害の原因

よほどの場合を除き、多くの場合連作が原因ではありません。土壌中に過剰な成分が残留している、悪玉菌が土壌に増殖しているなど土作りや施肥が間違っており、それが蓄積した結果連作障害が起こります。過剰物を土壌から取り除くのは非常に難しく、何年も影響を及ぼします。

■連作障害の回避方法

病原菌は、酸性の土地で発生することが多いので、石灰やリン酸を過剰に投与したり、土壌に残留しやすいものの使用を抑制するようにしましょう。定期的に土壌診断を行うのもおすすめです。
また、化学肥料を使わずに連作障害を防ぐには輪作という方法もあります。輪作は1つの野菜を同じ場所でまとめて栽培し、栽培する場所を毎年変える農法です。輪作をする際は畑を複数に区切って、ローテーションしながら栽培をすると連作障害が起こりにくくなります。
カルテックでは連作障害を防ぐ『カルテック栽培』をご提案しております。有機栽培をサポートするお力添えとなりますので、導入をご検討ください。

カルテックでは有機栽培をサポートする資材の販売を行っております。野菜にカルシウムが供給出来るカルシウム肥料も取り扱っており、カルシウムを供給することで栄養価が高くて美味しい野菜を栽培することも可能です。カルシウム肥料は野菜作りをはじめ花の栽培や米作り前の畑作りなどにもご活用いただけますので、野菜の栽培や稲作などの際はぜひご利用ください。