株式会社カルテック
(株)カルテックが提供する、カルシウム施肥による安定・高品質農業:『カルテック栽培』の情報サイトです。
会社概要 | お問合せ
 
Contents
トップページ
 
カルテックの作物栽培
・カルテック栽培とは?
・作物栽培の要点
・pHとECを測りましょう
 
カルテックの資材
 
米作りについて
 
畑作について
 
よくある質問
 
カルテック栽培の実例

堆肥について

作物を元気に育てたいと考えるとき使用するのが、堆肥です。堆肥という言葉は耳にしたことがあるけれど、どのようなものかご存知でしょうか?

■堆肥とは?

堆肥は、落葉樹やワラなどを積み上げて発行させたものです。ワラ堆肥、モミガラ堆肥、バーク堆肥などがこれにあたります。食物繊維が多いので、土壌改良に関して高い効果が期待出来ます。しかし、肥料としての効果はあまりありません。
肥料効果が高いのは、牛や豚、鶏など家畜の糞尿や敷き藁を原料とした厩肥です。厩肥の性質は家畜の種類によって異なりますが、肥料効果が高く土壌改良効果は低いという特徴があります。
農家では堆肥と厩肥を区別せず、すべて堆肥と呼んでいる場合もあります。

■どのような役割があるのか?

堆肥や厩肥には、多種多様な微量要素が含まれています。作物に合わせ全て計算して肥料設計するのは困難ですが、堆肥や厩肥でそれらの栄養素を補えば肥料設計が簡単になります。
また、堆肥の栄養分は様々な微生物のエサとなり微生物増加につながります。微生物が堆肥をエサとすることで扶植を作り出し、その結果、保水性、排水性、通気性の良い環境へと変化します。適度な酸素と水分が保持された状態は、肥料の持ちも良くなり根を健康に育てることにもつながります。

■良い堆肥の選び方

堆肥なら、何を使用してもいいというわけではありません。pHやECが作物の許容範囲のものを選びましょう。許容範囲を超えていると、作物を枯らしてしまう可能性もあります。木屑がたくさん入っているものは避けましょう。木屑は、チッソ飢餓を起こす原因となります。未発酵のものは避けましょう。土の中で発酵できなければ、腐敗してしまいます。腐敗すると悪玉菌が多くなるので、作物を枯らしてしまいます。ミミズが逃げるような堆肥は使用してはいけません。

作物への悪影響が少ない肥料や資材をお探しなら、カルテックをご活用ください。カルテックでは、カルシウムを豊富に含んだ資材や濃縮酵素液、地力作りに役立つ資材を販売しています。水はけが悪い、有益な微生物が少ないなど土壌改良にもお役立ていただけます。初心者の方向けにづくりの方法や土壌改良などのレクチャーも行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。